火災保険の解説

やさしい火災保険の解説

火災保険解説イメージ 多くの方は火災保険というと建物の火災保険を連想されるかもしれませんが、一般的に住宅の火災保険と呼ばれるものには建物の火災保険と家財の火災保険があります。建物と家財の簡単な区別は、引越しの際に持っていけるものが家財、持っていけないものが建物と考えてください。

また、建物の火災保険、家財の火災保険それぞれに地震保険を付帯できます。つまり建物の地震保険と家財の地震保険は別のものになります。

では、実際に火災等が起こった場合の支払われる保険金ですが、支払方法は契約内容によって時価払い(現在の価値分)と新価払い(再取得価額)があります。

新価払い(再取得価額)は損害があったときに新たに取得(建築)するために必要な金額が支払われるものです。

時価払い(現在の価値分)で保険金が支払われても、新しく同等の家を建築することはできませんので新価払い(再取得価額)の方がベストです。

※楽天損害保険のスーパージャンプは新価払いです。

「火災保険は入っているから大丈夫」と思われている方も建物の火災保険しかご加入がない場合や時価払い(現在の価値分)の契約ということも多々ありますので、一度お手元の火災保険証券をご確認下さい。

ご不明の場合には保険証券をFAXまたはE-メールに添付してお送りいただければ、内容も含めてご説明させていただきます。

※楽天損害保険のスーパージャンプは家財のみのご加入もできます。

お隣からの火災被害について

お隣りのお宅で火災が発生しご自宅に燃え移ってきた場合や、マンションなど上の階で火災があり消火活動等により自分の戸室が水びたしという場合、火元の方は延焼した建物や濡れた家財を弁償する責任は法律上ありません。※失火責任法・重過失を除く

建物が燃えれば家財も燃えてしまいます。消火活動の放水によっても損害はでます。自己防衛のためにも是非ご加入をご検討下さい。

※楽天損害保険のスーパージャンプは掛け捨てではありません。